ハウスメーカーのメリット・デメリット

大手ならではの安心感と手厚いサポートが魅力

ハウスメーカーのメリットの1つとして、大手で知名度が高く社会的な信用がある事から安心して任せられるといった点が挙げられます。ハウスメーカーの多くは、営業・設計・工事で担当者が異なります。それぞれの分野で高い知識や豊富な経験を持っているスタッフに担当してもらえるのも大きなメリットです。また、様々な地域に住宅展示場を用意しているので、自分の目で実物を見て確認出来る等、完成後の住宅や生活を想像しやすくなっています。さらに、住宅が完成して引き渡しや入居後のアフターメンテナンスなどのサポート体制もしっかりとしています。定期的にメンテナンスを無料や安い料金でお願いする事が出来たり、安心して長く暮らすための長期保証制度も充実しています。

設計に制限が存在する等の注意点もある

大まかな希望・要望に応えてくれますが、プランや仕様によっては希望・要望が叶えられない可能性もあります。契約をする前の相談・問い合わせ段階で細かな希望・要望をしっかりと担当者に伝えて実現可能かどうか確認しておく事が重要となります。依頼するハウスメーカーで取り扱っている商品以外は、使用出来ない事が多いといった点にも注意が必要です。また、営業・設計・工事の各スペシャリストに担当してもらえるといったメリットがある一方で、それぞれの担当者としっかりとコミュニケーションを取る手間がかかるといったデメリットも存在します。しっかりとした引き継ぎが出来ていないハウスメーカーを選んでしまうと、同じ質問を何度もされたり、こちらの希望・要望が上手に伝わっておらず何度も説明をする事となります。

新築一戸建てというと憧れのフレーズです。とりあえず賃貸のマンションでスタート、という方が多いかもしれませんが、よく調べて計算してみて下さい。毎月消えて行く家賃を計算すると買った方が安いかもしれません。